部落会町内会等整備要領(昭和15年9月11日内務省訓令第17号)
 口語訳

その後昭和17年「大政翼賛会の 」が出され、それを受けて「○○」が閣議決定となって戦時動員への拍車がかかった。

第一 目的
一 隣保団結ノ精神ニ基キ市町村内住民ヲ組織結合シ万民翼贊ノ本旨ニ則リ地方共同ノ任務ヲ遂行セシムルコト
二 国民ノ道徳的錬成ト精神的団結ヲ図ルノ基礎組織タラシムルコト
三 国策ヲ汎クく国民ニ透徹セシメ国政万般ノ円滑ナル運用ニ資セシムルコト
四 国民経済生活ノ地域的統制単位トシテ統制経済ノ運用ト国民生活ノ安定上必要ナル機能ヲ発揮セシムルコト
第二 組織
一 部落会及町内会
(一)市町村ノ区域を分チ村落ニハ部落会、市街地ニハ町内会ヲ組織スルコト
(二)部落会及町内会ノ名称ハ適宜定ムルコト
(三)部落会及町内会ハ区域内全戸ヲ以テ組織スルコト
(四)部落会及町内会ハ部落又ハ町内住民ヲ基礎トスル地域的組織タルト共ニ市町村ノ補助的下部組織トスルコト
(五)部落会ノ区域ハ行政区其キ他既存ノ部落的団体ノ区域ヲ斟酌シ地域的協同活動ヲ爲スニ適当ナル区域トスル
(六)町内会ノ区域ハ原則トシテ都市ノ町若ハ丁目又ハ行政区ノ区域ニ依ルコト但シ土地ノ状況ニ応ジ必ズシモ其ノ区域ニ依ラザルコトヲ得ルコト
(七)必要アルトキハ適当ナル区域ニ依リ町内会連合会ヲ組織スルコトヲ得ルコト
(八)部落会及町内会ニ会長ヲ置クコト会長ノ選任ハ地方ノ事情ニ応ジ従来ノ慣行ニ従ヒ部落又ハ町内住民ノ推薦其ノ他適当ノ方法ニ依ルモ形式的ニ尠クトモ市町村長ニ於テ之ヲ選任乃至告示スルコト
(九)部落会及町内会ハ必要ニ応ジ職員ヲ置キ得ルコト
(十)部落会及町内会ニハ左ノ容量ニ依ル常会ヲ設クルコト
(イ)部落常会及町内常会ハ会長ノ招集ニ依リ全戸集会スルコト但シ区域内隣保班代表者ヲ以テ区域内全戸ニ代フルコトヲ得ルコト
(ロ)部落常会及町内常会ハ第一ノ目的ヲ達成スル爲物心両面ニ亘リ住民生活各般ノ事項ヲ協議シ住民相互ノ教化向上ヲ図ルコト
(ハ)部落会及町内会区域内ノ各種会合ハ成ルベク部落常会及ビ町内常会ニ統合スルコト二 隣保班
(一)部落会及町内会ノ下ニ十戸内外ノ戸数ヨリ成ル隣保班(名称適宜)ヲ組織スルコト(二)隣保班ノ組織ニ当リテハ五人組、十人組等ノ旧慣中存重スベキモノハ成ルベク之ヲ採リ入ルルコト
(三)隣保班ハ部落会又ハ町内会ノ隣保実行組織トスルコト
(四)隣保班ニハ代表者(名称適宜)ヲ置クコト
(五)隣保班ノ常会ヲ開催スルコト
(六)必要アルトキハ隣保班ノ連合組織ヲ設クルコトヲ得ルコト
三 市町村常会
(一)市町村(六大都市ニ在リテハ区以下同ジ)ニ市町村常会(六大都市ノ区ニ在リテハ区常会以下同ジ)ヲ設置スルコト
(二)市町村常会ハ市町村長(六大都市ノ区ニ在リテハ区長)ヲ中心トシ部落会長、町内会長又ハ町内会連合会長及市町村内各種団体代表者其ノ他適当ナル者ヲ以テ組織スルコト(三)市町村常会ハ市町村内ニ於ケル各種行政ノ総合的運営ヲ図リ其ノ他第一ノ目的ヲ達成スル為必要ナル各般ノ事項ヲ協議スルコト
(四)市町村ニ於ケル各種委員会等ハ成ルベク市町村常会ニ統合スルコト
    (『官報』 第4106号 昭和15年9月11日 ヨリ)


[口語訳]

第一 目的

一 隣保団結の精神に基づいて市町村内の住民を組織結合し万民が翼賛の本旨にしたがって地方共同の任務を遂行させること。

二 国民の道徳的錬成と精神的団結を図るための基礎組織にすること。

三 国策を広く国民に徹底させ、国政全般の円滑な運用に役立たせること。

四 国民の経済生活の地域での統制単位として、統制経済の運用と国民生活の安定上必要な機能を発揮させること。

第二 組織

一 部落会および町内会
(一)市町村の区域を分け村落には部落会、市街地には町内会を組織すること。
(二)部落会および町内会の名称は適当に定めること。
(三)部落会および町内会は区域内全ての世帯をもって組織すること。

(四)部落会および町内会は、部落または町内住民を基礎とする地域の組織であるとともに市町村の補助的な下部組織とすること。
(五)部落会の区域は行政区、その他既存の部落的団体の区域を参考にして地域的共同活動をするのに適当な区域とする。

(六)町内会の区域は原則として都市の町もしくは丁目または行政区の区域によること。ただし土地の状況に応じてかならずしもその区域によらないことをあり得る。
(七)必要がある時は適当な区域によって町内会連合会を組織することができる。

(八)部落会および町内会に会長を置くこと。会長の選任は地方の事情に応じて従来の慣行にしたがって部落または町内住民の推薦その他適当な方法によって行うが、形式的には少なくとも市町村長がこれを選任および告示すること。
(九)部落会および町内会は必要に応じて職員を置くことができる。

(十)部落会および町内会には左の要領による常会を設けること。
(イ)部落常会および町内常会は会長の招集によって全世帯が参加すること。ただし区域内隣保班代表者は区域内全世帯の代表となることができる。
(ロ)部落常会および町内常会は、第一の目的を達成するため、物心両面にわたって住民生活の全般の事項について協議し住民相互の教化向上を図ること。
(ハ)部落会および町内会区域内の各種会合はなるべく部落常会および町内常会に統合すること。

二 隣保班

(一)部落会および町内会の下に十世帯内外の戸数で隣保班(名称は適当につける)を組織すること。
(二)隣保班の組織にあたっては五人組、十人組等の旧慣例で尊重すべきものはなるべくそれを取り入れること。
(三)隣保班は部落会または町内会の隣保実行組織とすること。

(四)隣保班には代表者(名称は適当につける)を置くこと。
(五)隣保班の常会を開催すること。
(六)必要がある時は隣保班の連合組織を設けることができる。

三 市町村常会

(一)市町村(六大都市では区、以下同じ)に市町村常会(六大都市の区では区常会、以下同じ)を設置すること。
(二)市町村常会は市町村長(六大都市の区では区長)を中心として部落会長、町内会長または町内会連合会長および市町村内の各種団体代表者、その他適当な者で組織すること。
(三)市町村常会は市町村内における各種行政の総合的な運営を図り、その他第一の目的を達成するこめ必要な全般の事項を協議すること。
(四)市町村における各種委員会等はなるべく市町村常会に統合すること。

戻るトップへ