軍人勅諭の意味と解説           大意         解説

 軍人勅諭
    我国の軍隊は世々天皇の統率し給ふ所にそある昔神武天皇躬つから大伴物部の兵ともを率ゐ中国のまつろはぬものともを討ち平け給ひ高御座に即かせられて天下しろしめし給ひしより二千五百有余年を経ぬ此間世の様の移り換るに随ひて兵制の沿革も亦屡なりき古は天皇窮つから軍隊を率ゐ給ふ御制にて時ありては皇后皇太子の代らせ給ふこともありつれと大凡兵権を臣下に委ね給ふことはなかりき中世に至りて文武の制度皆唐国風に傲はせ給ひ六衛府を置き左右馬寮を建て防人なと設けられしかは兵制は整ひたれとも打続ける昇平にな狃れて朝廷の政務も漸文弱に流れけれは兵農おのつから二に分れ古の徴兵はいつとなく壮兵の姿に変り遂に武士となり兵馬の権は一向に其武士ともの棟梁たる者に帰し世の乱と共に政治の大権も亦其手に落ち凡七百年の間武家の政治とはなりぬ世の様の移り換りて斯なれるは人力もて挽回すへきにあらすとはいひなから且は我国体に戻り且は我祖宗の御制に背き奉り浅間しき次第なりき降りて弘化嘉永の頃より徳川の幕府其政衰へ剰外国の事とも起りて其侮をも受けぬへき勢に迫りけれは朕か皇祖仁孝天皇孝明天皇いたく宸襟を悩し給ひしこそ忝くも又惶けれ然るに朕幼くして天津日嗣を受けし初征夷大将軍其政権を返上し大名小名其版籍を奉還し年を経すして海内一統の世となり古の制度に復しぬ是文武の忠臣良弼ありて朕を輔翼せる功績なり歴世祖宗の専蒼生を憐み給ひし御遺沢なりといへとも併我臣民の其心に順逆の理を弁へ大義の重きを知れるか故にこそあれされは此時に給て兵制を更め我国の光を耀さんと思ひ此十五年か程に陸海軍の制をは今の様に建定めぬ夫兵馬の大権は朕か統ふる所なれは其司々をこそ臣下には任すなれ其大綱は朕親之を攪り肯て臣下に委ぬへきものにあらす子々孫々に至るまて篤く期旨を伝へ天下は文武の大権を掌握するの義を存して再中世以降の如き失体なからんことを望むなり朕は汝等軍人の大元師なるそされは朕は汝等を股肱と頼み汝等は朕を頭首と仰きてそ其親は特に深かるへき朕か国家を保護して上天の恵に応し祖宗の恩に報いまゐらせる事を得るも得さるも汝等軍人が其職を尽すと尽さゝるとに由るそかし我国の稜威振(みいずぶり)はさることあらは汝等能く朕と其憂を共にせよ我武維揚りて其栄を耀さは朕汝等と其誉を偕にすへし汝等皆其職を守り朕と一心になりて力を国家の保護に尽さは我国の蒼生は永く太平の福を受け我国の威烈は大に世界の光華ともなりぬへし朕斯くも深く汝等軍人に望むなれは猶訓諭すへき事こそあれいてや之を左に述へむ
一 軍人は忠節を尽すを本分とすへし凡生を我国に稟くるもの誰かは国に報ゆるの心なかるへき況して軍人たらん者は此心の固からては物の用に立ち得へしとも思はれす軍人にして報国の心堅固ならされは如何程技芸に熟し学術に長するも猶偶人にひとしかるへし其隊伍も整ひ節制も正くとも忠節を存せさる軍隊は事に臨みて烏合の衆に同かるへし抑国家を保護し国権を維持するは兵力に在れは兵力の消長は是国運の盛衰なることを弁へ世論に惑はす政治に拘らす只々一途に己か本分の忠節を守り義は山嶽よりも重く死は鴻毛よりも軽しと覚悟せよ其操を破りて不覚を取り汚名を受くるなかれ
一 軍人は礼義を正くすへし凡軍人には上元師より下一卒に至るまで其間に官職の階級ありて統属するのみならす同列同級とても停年に新旧あれは新任の者は旧任のものに服従すへきものそ下級のものは上官の命を承ること実は直に朕か命を承る義なりと心得よ己か隷属する所にあらすとも上級の者は勿論停年の己より旧きものに対しては総へて敬礼を尽すへし又上級の者は下級のものに向ひ聊も軽侮驕傲の振舞あるへからす公務の為に威厳を主とする時は格別なれとも其外は務めて懇に取扱ひ慈愛を専一と心掛け上下一致して王事に勤労せよ若軍人たるものにして礼義を紊り上を敬はす下を恵ますして一致の和語を失ひたらんには啻に軍隊の蠹毒たるのみかは国家の為にもゆるし難き罪人なるへし
一 軍人は武勇を尚ふへし夫武勇は我国にては古よりいとも貴へる所なれは我国の臣民たらんもの武勇なくては叶ふまし況して軍人は戦に臨み敵に当るの職なれは片時も武勇を忘れてよかるへきかさはあれ武勇には大勇あり小勇ありて同からす血気にはやり粗暴の振舞なとせんは武勇とは謂ひ難し軍人たらむものは常に能く義理を弁へ能く胆力を練り思慮を殫して事を謀るへし小敵たりとも侮らす大敵たりとも懼れす己か武職を尽きむこそ誠の大勇にはあれは武勇を尚ふものは常々人に接には温和を第一とし諸人の愛敏を得むと心掛けよ由なき勇を好みて猛威を振ひたらは果は世人も忌嫌ひてひょう豺狼なとの如く思ひなむ心すへきことにこそ
一 軍人は信義を重んすへし凡信義を守ること常の道にはあれとわきて軍人は信義なくては一日も隊伍の中に交りてあらむこと難かるへし信とは己か言を践行ひ義とは己か分を尽すをいふなりされは信義を尽さむと思はゝ始より其事の成し得へきか得へからさるかを審に思考すへこ朧気なる事を仮初に諾ひてよしなき関係を結ひ後に至りて信義を立てんとすれは進退谷りて身の措き所に苦むことあり侮ゆとも其詮なし始に能々事の順逆を弁へ理非を考へ其言は所詮践むへからすと知り其義はとても守るへからすと悟りなは速に止まるこそよけれ古より或は小節の信義を立てんとて大綱の順逆を誤り或は公道の理非に踏迷ひて私情の信義を守りあたら英雄豪傑ともか禍に遭ひ身を滅し屍の上の汚名を後世まで遺せること其例尠からぬものを深く警めてやはあるへき
一 軍人は質素を旨とすへし凡質素を旨とせされは文弱に流れ軽薄に趨り驕奢靡の風を好み遂には貪汚に陥りて志も無下に賤くなり節操も武勇も其甲斐なく世人に爪はしきせらる、迄に至りぬへし其身生涯の不幸なりといふも中々愚なり此風一たひ軍人の間に起こりては彼の伝染病の如く蔓延し士風も勇気も頓に衰へぬへきこと明なり朕深く之を懼れて現に免黜条例を旋行し略此事を誠め置きつれと猶も其悪習の出んことを憂ひて心安からね故に又之を訓ふるそかし汝等軍人ゆめ此訓誡を等閑にな思ひそ
右の五ケ条は軍人たらんもの暫も忽にすへからすさて之を行さむには一の誠心こそ大切なれ抑此五ケ条は我軍人の精神にして一の誠心は又五ケ条の精神なり心誠ならされは如何なる嘉言も善行も皆うはへの装飾にて何の用にかは立つへき心たに誠あれは何事も成るものそかし況してや此五ヶ条は天地の公道人倫の常経なり行ひ易く守り易し汝等軍人能く朕か訓に遵ひて此道を守り行ひ国に報ゆるの務を尽さは日本国の蒼生挙りて之を悦ひなん朕一人の懌のみならんや
    明治十五年一月四日
  御名


大意わかりやすくするために、段落を設けました。

 我が国の軍隊は、代々天皇が統率してきたものである。昔、神武天皇が自ら兵を率いて統制に従わない者を討ち取り、天皇の地位につき、天下を開いてらか二千五百年が経った。

    この間、世の中の移り変わりに従って、軍隊も移り変わった。昔は天皇自ら軍隊を率いたり、時には皇后、皇太子が代わることもあったが、兵を率いる権力を臣下に任せたことはなかった。

    中世になって、文武の制度を中国風にならって、いろいろと改革し、軍隊の制度も整ったが、太平の世に慣れてしまったため、朝廷の政治が弱くなり、兵はいつしか武士となって、軍隊の権力も武士に移った。世の中の乱れとともに政治の権力もまた武士に移り、我が国体は我が天皇家代々の制度に反して浅ましい社会になった。

    時代は下って、徳川幕府も衰え、外国の圧力が迫って来た頃、天皇である私の先祖の仁孝天皇や孝明天皇が心を痛めていた折、私は幼くして天津日嗣を受けたが、その時、征夷大将軍がその政権を返上し、大名小名もこぞって版籍を天皇家に返したので、まもなく昔の制度に復帰した。それも文武の忠臣たちが私を助けてくれた功績であった。

 この時に、兵制を改めて、我が国の威光を輝かすために陸海軍の制度を現在のように定めたのである。

 軍隊の大権は天皇である私がもつものであって、決して臣下に委ねるものではないことを子々孫々まで伝えるべきものである。そして、再び中世のような失態をすることがないように、望むものである。

 天皇である私は、お前達軍人の大元帥である。天皇である私はお前達を最も頼れる臣下だと思っている。お前達も天皇である私を頭首と仰いでほしい。天皇である私が国家を守り、我が天皇家の先祖の恩に報いることができるかどうかは、お前達軍人がその責任を果たすか果たさないかにかかっている。

 我が国の天皇の威光が輝くのは、お前達が天皇である私と共に心を一つにして力を国家の守りに尽くすことによってもたらされるものである。そうすれば、我が国は、太平の幸福を受け、世界に光輝く国となろう。天皇である私は、このように深くお前達軍人に期待しているのだから、次に訓示を述べる。

 一つ、軍人は忠節を尽くす事が本分であると知るべきである。
 我が国で生を受けた者が、国に報いるという心がない軍人は何の役にもたたない。また、軍人が国に報いる心が強くなければ、たとえすぐれた技術や学問をもっていてもつまらない者であり、また、規律正しい軍隊であっても忠節がない軍隊は役にたたないくだらない者の集まりでしかない。もともと、国家を守り、維持するのは軍隊であって、軍隊の善し悪しが国の盛衰をも左右する。たとえ世論にまどわされる政治があったとしても、ただ本分の忠節を守り、忠義は山よりも重く、死は細い毛よりも軽いことを覚悟することである。

 一つ、軍人は礼儀を正しくすべきである。
 軍人は、上は元帥から下は一兵に至るまで階級がある。また、同じ階級でも、経験の古い者と新しい者がいる。下の者は上の者に、新しい者は古い者に、服従すべである。上の者の命令は、天皇である私の命令と同じものである、と心がけよ。

 上の者は、下の者を軽く見たり侮ってはいけない。威厳をもつのは良いが、慈愛の心で接すべきである。軍人がこの礼儀を失しなった時、軍隊のみならず国家のためにも許されない罪人となる。

 一つ、軍人は、武勇を尊ぶべきである。
 武勇は日本古来のものであり、敵に向かっていくのが軍人であるから、当然武勇は大切である。武勇は大小があって同じではない。血気にはやるのは武勇とは言えない。義理をわきまえ、小さな敵を侮らす、大きな敵にも恐れることなく、自分の本分を尽くすことが誠の武勇である。武勇を尊ぶものは、温和を第一とし、人々の気持ちを得るようにすべである。 

 一つ、軍人は信義を重んじるべきである。
 一般人でも、このことは大切だが、特に軍人はこれなくしてはとても軍人とはいえない。信義とは、信が言行一致をいい、義が自分の分をわきまえることである。できないことを安易に引き受けた後できなかったことなどは、信義に反することである。また、小さな信義を守るために大きな信義を失ったり、個人的な信義を得るために公の信義を失ってはならない。

 一つ、軍人は質素を大切にすべきである。
 質素を大切にしなければ、弱くなり、贅沢になり、心が貧しくなり、志もおろそかになり、武勇もなくなる。そして、ついには生涯を不幸にしてしまう。これが軍隊の中で蔓延すれば、軍隊は士気が上がらず衰えていくしかない。天皇である私はこのことを深く心配している。お前達軍人は、このことを決して忘れてはならない。

 右の五カ条は、軍人となった時から決しておろそかにしてはならない。この五カ条は我が軍人の精神である。お前達軍人は、天皇である私の教えによく従って、国に報いるという務めを果たすことが、日本国の隆盛につながる。そうなることは天皇である私一人の喜びではないはずだ。
    明治十五年一月四日
  御名


解説

 明治天皇が発した詔勅で、日本国は天皇家のもので、「日本書紀」等に出てくる「神話」の中の神武天皇を日本国初代の天皇として位置づけている。日本は、天皇である私の先祖である神武天皇が開いたものであるから、それは永久不変のものであるとして断定的に教え込んでいる。

 そして、天皇=国家体制の維持には軍隊が最重要であることを強調している。しかし、軍隊については、中世期に天皇家をないがしろにした武士社会の苦い体験をもっている。江戸時代末期、幕府の弱体化や外国勢力の圧力などによって大政奉還が行われた直後、明治天皇は、この七百年間の武士社会による政治、軍事の歴史を苦々しく振りかえっていたであろうことが文面から滲みでてくる。それらの歴史を繰り返すことが絶対あってはならないことが、明治天皇の最大の課題だったのだろう。

 この「軍人勅諭」は、天皇家が永久に実権を握るために、軍隊がいかに大切かをすべての軍人に教えこませるためにも早期の発布が必要だった。制度ができても、その中身を盛る軍人一人一人がその職責を果たさなければその軍隊は崩壊し、軍隊の崩壊は国家の崩壊へと繋がることを最もつよく認識していたのは明治天皇であっただろう。しかも、国家=天皇の図式を守るためには、軍隊の体制そのものも大切だが、それよりも軍人教育が重要だったのである。

 忠節、礼儀、武勇、信義、質素の五つの徳目をたたき込むことによって、大日本帝国の軍隊は、その基盤が強大化するとともに、犠牲的精神に支えられた命知らずの軍隊になっていった。そこでこの徳目について詳しくみてみたい。

 これら五つの徳目は対等に並べられているのではない。その内容の説明からしても、「忠節」が基本である。軍隊は、国家にとって必要である。国家に忠節を尽くすことが軍人の本分である、という論法は、「忠節」を軍隊と国家が結ぶところで説明している。他の四徳目が、軍隊内での徳目として位置づけられていることからして、「忠節」の下に、「礼儀」、「武勇」、「信義」、「質素」が配列されているとみるのが自然であろう。

    「死は鴻毛よりも軽し」は、それを象徴している。その死は、天皇のためには命は惜しまない「忠義」の精神であり、後の「玉砕精神」や「特攻精神」、「自決」へと拡大し、日本人を命を軽くみる民族へと教育していった。またその精神は、その後に発布された「教育勅語」にも反映されているし、日本の近代化の歴史の中の中枢を貫いている。

 このように考えれば、先の戦争で、日本軍の実態が、天皇に対する「忠節」のみがクローズアップされていったことも理解できるのではないだろうか。「礼儀」は、上の者と古い者に対する面だけが強調されて、下の者は制裁という名目でとれほど虐待されたか。そこには「慈悲」の一かけらもなかった。それは、「上の命令は、天皇の命令と同じである」ことだけが強調されていたせいである。

 また、同じように、「武勇」も「信義」も、「質素」も、その文言の中の「忠節」に結びつく面のみが強調されていた。たとえば、「質素」とは言っても、上級幹部将校たちは贅沢をしていたが、下級兵士は常にお腹を空かしていたほどに貧しい食事であった。また、「信義」にしても、住民に対しては、「俺の命令は天皇の命令だ」が相当乱用されていた。

    要するに、建前の文言の美しさによって覆い隠された「天皇制国家」の本質が、現実の軍人の言動として出てくることは当然であった。国家=天皇という図式によって国家の運営がなされている限り、国家のための軍隊という形式は、天皇のための軍隊という内実にとって代わり、実際の帝国軍隊の中で表面化することは必然である。つまり、個人は国家にはなり得ないという矛盾がその実態を生み出すのであり、たとえ、明治天皇が、その文言の中に、慈悲深い言葉を散りばめようとも、この矛盾が存在する限り、日本軍の実態は変わらなかったであろう。

 明治期以降の日本の教育が、「天皇」と「軍隊」の二本柱で推進されていたことを考えれば、この「軍人勅諭」の精神の影響は計り知れないものとして日本人にその影を落としているといえよう。
戻るトップへ