教育勅語           読み方     当時の解釈     意訳        解説

教育ニ関スル勅語
朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世々厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ国體ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭倹己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ学ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓発シ徳器ヲ成就シ進テ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ国憲ヲ重シ国法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ是ノ如キハ獨り朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顕彰スルニ足ラン斯ノ道ハ実ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悸ラス朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其ノ徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ
明治二十三年十月十三日
御名 御璽


[読み方]
チンオモウニ、ワガコウソコウソ、クニヲオサムルコト、コウエンニ、トクヲタツルコトシンコウナリ、ワガシンミンヨクチュウニ、ヨクコウニ、オクチョウココロヲヒトツニシ、ヨヨソノビヲナセルハ、コレワガコクタイノセイカニシテ、キョウイクノエンゲン、マタジツニココニソンス、ナンジシンミン、フボニコウニ、ケイテイニユウニ、フウフアイワシ、ホウユウアイシンジ、キョウケンオノレヲジシ、ハクアイシュウニオヨボシ、ガクヲオサメ、ゴウヲナラヒ、モッテチノウヲケイハツシ、トクキヲジョウジュシ、ススンデコウエキヲヒロメ、セイムヲヒラキ、ツネニコクケンヲオモンジ、コクホウニシタガヒ、イッタンカンキュウアレバ、ギユウコウニホウジ、モッテ、テンジョウムキュウノコウウンヲフヨウスベシ、カクノゴトキハ、ヒトリ、チンガチュウリョウノシンミンタルノミナラズ、マタモッテナンジソセンノイフウヲケンショウスルニタラン、コノミチハ、ジツニワガコウソコウソノイクンニシテ、シソンシンミンノ、トモニジュンシュスベキトコロ、コレヲ、ココンニツウジテアヤマラズ、コレヲチュウガイニホドコシテモトラス、チン、ナンジシンミントトモニ、ケンケンフクヨウシテ、ミナソノトクヲイツニセンコトヲコイネガフ
メイジニジュウサンネンジュウガツサンジュウニチ
ギョメイギョジ


教育勅語図解読本」での解釈( 昭和17年発行)
※旧仮名遣いを現代かなづかいに、カタカナをひらがなになおしました。また、旧漢字を新漢字になおし、読みやすくするために句読点を打ち、段落をつけました。

[謹解]
    天皇御自身の御事を朕(ちん)と仰(おお)せらる。考えてみるに、我が皇室の御先祖様方がこの我が国を御肇(はじ)め遊ばされたことは天地(あめつち)と共に広く大きく且(か)つ遠いことであって、ここに幾千万年の後後までも動くことなく揺るぐことなき御基(もと)が定まったのである。

    そして総ての臣民が皆幾久しく幸福に暮らせるようにとの深い御思召しで御聖徳(せいとく)を御示し遊ばされたことは、計り知れない程深く且つ厚いものである。
 
   そうして我が臣民は天皇の御為によく忠義を尽くし、またよく両親に事(つか)えて孝行をし、万民挙(こぞ)って皆心を一つに合わせて、代々その美しい我が国民の道の習わしが昔から今に至るまで立派に行われて来たことは、あたかも美しい桜の花が見事に咲き匂うているようで、これは、実に世界の何れの国にも比類のない我が国柄の最も尊く優れたあらわれであった。
  
  また、同時に我が国の教育の基づくところもここにある。

    お前達総ての臣民よ、と(天皇躬(みず)ら親しく我等臣民に呼びかけさせ給うのである)皆よく父と母とにまめやかに事(つか)えて孝行を尽くし、兄も弟も姉も妹も互いに仲良くし愛し合ってゆき、夫は妻を愛し、妻は夫を敬い常に睦まじく扶(たす)け合って暮らしてぬ行くようにしなければならぬ。

    友達同士は互いに信じ合い、救い合って親密の交際をし、自分に対しては常に身を慎み心を引きしめて決して恣(ほ)しいままに流されるような事がないように、また、他人に対しては親しいものから遠いものへと押し及ぼして誠の心を以て深切を尽くすようにしなければならぬ。

    また、大いに学問を勉強し、種々の仕事を習い覚え、そして知識才能を研(みが)いて能く上達するように、各々人格を養って立派な人物とならねばならぬ。そして、さらに自ら進んで国家社会のため公共の利益を増進することに努め、世のため人のため為(な)すべき有用の事業を興すことが大切である。

    そして、よく皇室典範や大日本帝国憲法を堅く守り、その他諸々の法律や命令に背(そむ)かぬように注意し、若し、万一、戦争でも、起こった場合には皆勇み立って君国のため一身を捧げて大いに尽くすように心がけねばならぬ。そうしていついつまでも天地と共に窮まりない皇位の盛運を扶け奉るべきである。

    このような道を立派に守って実行するものは、単に独(ひと)り朕のために忠実で且つ善良なる臣民であるばかりでなく、実に、お前達の先祖が皆昔から今まで遺(のこ)し伝えて来た立派な習わしを、さらに、一段と大きく顕(あらわ)す事にもなるのである。

    さて、この立派な皇国の道は実に我が皇室の御先祖様方が実際に行わせられて御遺(のこ)しになった有り難い御教訓であるから、その御子孫であらせられる代々の天皇も皇族方も、そうしてまた、一般臣民も倶(とも)に必ず遵(したが)い守らねばならぬところであって、これは、昔から今に至るまで何等少しの変わりもなく、我が国は固(もと)よりのこと、それ以外の何れの国に施し用いても真に正しい本当の道である。

    そこで朕は、お前達総ての臣民と倶に恭(つつし)んでよく心に留めて守り、その徳を共有することができるようにと冀(こいねが)い望むのである。


[意訳](番号は上段の段落に合わせ下段解説のために付けた)
@    天皇である私が考えてみると、私の先祖がこの日本という国を始めたのは、天地が出来たと同時で、はるか遠くの昔のことである。それは、これからも幾千万年の後の時代までも変わることのないこととして定まっているのである。

A    そのことは、すべての臣民(天皇の家来)が幸福に暮らせるようにとの深い慈悲の心を示しているが、そのことは計り知れないほど深いものである。

B    そして、我が臣民は天皇のためによく忠義を尽くしており、また、両親に対しても孝行をしている。すべての民は皆心を一つにして、その美しい習わしが代々受け継がれてきたが、それはちょうど桜の花が見事に咲き匂っているようなものである。このようなことは、世界どこにもなく、我が日本という国柄の最も優れたものである。そして、それはそのまま我が国の教育の基本にもなっているのである。

C    お前達すべての臣民よ、(と天皇は自ら親しく呼びかけている)
皆、父母には細やかに孝行を行い、兄弟姉妹は仲良く愛し合い、夫は妻を愛し、妻は夫を尊敬して、いつも睦まじく助け合って暮らさなければならない。

D    友達は互いに信じ合って交際し、自分に対しては厳しく気を引き締めて決して欲望に流されることがないようにしなければならない。
E   また、他人に対しては、親しい者も知らない者を誠の心で親切を尽くようにしなければならない。

F    また、多いに学問をし、いろいろな仕事を習い、そして、知識を増やして、才能をみがいて上達するように、各々人格を養って立派な人物にならなければならない。

G    そしてさらに、自分から進んで国家社会のために、公共の利益のために努め、世のため、人のためになることをすることが大切である。

H    そして、「皇室典範」や「大日本帝国憲法」を堅く守り、その他の法律や命令に違反しないように注意しなければならない。

I    もし、万一、戦争でも起こった場合には、皆、勇んで「君国(天皇国家)」のために一身を捧げて大いに尽くすように心がけなければならない。そして、いついつまでも、天地とともに、無限の皇位が、栄えることを助け奉るべきである。

J   このように、この道を立派に守って実行することは、お前達がただ単に天皇である私のために忠実で善良な臣民であるばかりでなく、お前達の先祖が、昔から今まで残し伝えてきた立派な習慣を、さらに一段と高めることにもなるのである。

K   さて、この立派な皇国の道は、実に我が皇室の先祖たちが実際に実行して、残してきたものであるから、その子孫である代々の天皇や皇族もまた一般臣民もともに、必ず従い守らなければならないことである。

L    このことは、昔から今まで何等変わることがなく、我が国ではもちろん、外国のどの国に当てはめても真に正しい本当の道である。
M    そこで、天皇である私は、お前達すべての臣民とともに、これをよく心に留めて守り、その徳を共有することができるように切に望んでいるのである。

[解説]
    この書は、1942年(昭和17)、「教育勅語」発布50周年記念として発行され、「現在の国難の時期に」全国の学校や家庭に配布されたものである。昭和天皇や明治天皇の写真とともに、宮城(現在の皇居)や明治神宮の写真も掲載されている。

    本書の本題は、児童向けに、教育勅語の解釈を付けたもので、総カラーの絵図入りで、丹精こめたものになっている。それだけに、教育勅語の精神の投入に力が注がれていることがわかる。

@…日本は天皇一族の祖先が始めたものだから、天皇一族のものであり、それは、地球誕生に始まり、永久に変わらない、と宣言している。

    前半は、「古事記」等の神話を持ち込み、後半は強引に押しつけている。地球誕生から人類誕生を経て、進歩発展してきた人類の歴史を無視し、神話の世界に国民を閉じ込め、天皇の絶対性を信じ込ませている。

    「尋常小学国史絵図上下巻」には天皇系図が載っており、昭和天皇(当時今上天皇)を134代としてさかのぼれば、初代の「神武天皇」を経て、「アマテラスオオミカミ」とその父母である「イザナギノミコト」「イザナミノミコト」に到達する。当時の児童は、現実から天皇一族の系統をたどらせ、神話の世界へと入りこみ、雲の上の世界へと導かれていったのである。つまり、歴史と科学を否定した上にさらに絶対不変性を押しつけられたと言えよう。

A…天皇は日本の国を深い慈悲の心で治めているという押しつけ。

B…「忠義」と「孝行」という習慣は、世界でも、日本だけの美しさであるとして日本の優秀さを誇張し、愛国心へと導く。そして、それが教育の基本だと宣言する。つまり、教育の基本は、天皇への忠義と親への孝行である、とする本勅語の主題が現れる。

C…さて、臣民よ、と呼びかけている。家族内における臣民としての心がけを説いている。もっともらしい内容のようであるが、天皇国家の本質が顔を見せる。それは、「夫は妻を愛し、妻は夫を敬い」である。家父長制度が、天皇国家の基盤となったことを思えば、家族の中での主体は夫(主人)であり、妻はそれを支え尊敬することが良き妻とされた。

D…友達に対する心構えを説いている。
E…他人に対する心構えを説いている。

F…自分自身に対する心構えを説いている。以上、家族、友達、他人、自分自身の心構えはすべて「〜ならない。」という強制であることに注目したい。

    これらの徳目だけを取り出し、「教育勅語」を賛美する論調があるが、彼らは、人の生きる道が強制であってはならないことに鈍感である。また、これらの徳目が、前後の関係からどのような位置に置かれたものであるかについても鈍感で何ら反応しない。

G…国家社会、公共のために尽くすことを説いている。ここから、臣民の生きる目的が徐々に説かれていく。

H…皇室典範、大日本帝国憲法、諸法律、命令を守ることを強制している。皇室典範は、憲法と同等の位置づけで、当時の議会でさえ関与できなかった代物であった。まさに天皇を絶対君主とした国家体制の法体系を強制しているのである。

I…教育勅語の最終目的がここに集約される。戦争になれば、天皇国家のために身を捧げるのが臣民の生きる道であることを説いている。それによって、天皇国家の永久的な繁栄に努めるべきである、と強制する。

J…この生き方 が、天皇国家への忠義を押しつけるだけでなく、この忠義の美しい習慣は国民の間から起こったものとして位置づけている。全くのすり替えである。

K…このように、「天皇の慈悲と臣民の忠義の美しい習慣」は、天皇家とともに臣民も従い守ることを強制している。

L…なんと傲慢な押しつけであろうか。人類発展の歴史を無視し、科学的なものの見方を否定するばかりでなく、外国の文化をも否定している。この「唯我独尊」の姿勢が、先の戦争でアジア諸国に日本精神を押しつけていったのである。正確に言えば、アジア侵略のために、教育勅語の解釈を拡大強制していったと言えよう。

M…全体の流れの結びとして解釈すれば、「天皇の慈悲と臣民の忠義の美しい習慣」を、世界に広げ、永久のものにしていくことが、この勅語の目標であることを確認している。

    「教育勅語」は1891年(明治23)に発布されたが、ここでみたように、天皇国家の精神(天皇の慈悲と臣民の忠義)を世界に拡張させることが主眼であったと言えよう。日清戦争、日露戦争、朝鮮併合等による領土拡張政策として実行され、その仕上げが先の日中戦争、太平洋戦争につながったのである。

    先の戦争について、「あれは領土拡張ではなく、アジアの解放をめざしていた」という論調があるが、その根拠はこの「教育勅語」の実現が先の戦争の目的であったことを自ら暴露していることになる。いずれにしても、天皇国家の思い上がりが招いた戦争でたあったことは否定できない。そして、それらの戦争を遂行させた多くの国民自身もまた、この「勅語」の犠牲者であったのである。

戻るトップへ