大日本帝国憲法(明治憲法)の天皇条項(意訳)

大日本帝国憲法
         第一章 天皇
第一条 大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス
第二条 皇位ハ皇室典範ノ定ムル所ニ依リ皇男子孫之ヲ継承ス
第三条 天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス
第四条 天皇ハ国ノ元首ニシテ統治権ヲ総攬シ此ノ憲法ノ条規ニ依リ之ヲ行フ
第五条   天皇ハ帝国議会ノ協賛ヲ以テ立法権ヲ行フ
第六条 天皇ハ法律ヲ裁可シ其ノ公布及執行ヲ命ス
第七条 天皇ハ帝国議会ヲ召集シ其ノ開会閉会停会及衆議院ノ解散ヲ命ス
策八条@天皇ハ公共ノ安全ヲ保持シ又ハ其ノ災厄ヲ避クル為緊急ノ必要二由
             リ帝国議会閉会ノ場合ニ於テ法律二代ルヘキ勅令ヲ発ス
             A此ノ勅令ハ次ノ会期ニ於テ帝国議会ニ提出スヘシ若議会ニ於テ承
             諾セサルトキハ政府ハ将来ニ向テ其ノ効力ヲ失フコトヲ公布スヘシ
第九条 天皇ハ法律ヲ執行スル為ニ又ハ公共ノ安寧秩序ヲ保持シ及臣民ノ幸
             福ヲ増進スル為ニ必要ナル命令ヲ発シ又ハ発セシム但シ命令ヲ以テ 
            法律ヲ変更スルコトヲ得ス
第一〇条 天皇ハ行政各部ノ官制及文武官ノ俸給ヲ定メ及文武宮ヲ任免ス但
              シ此ノ憲法又ハ他ノ法律ニ特例ヲ掲ケタルモノハ各々其ノ条項ニ依ル
第一一条 天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス
第一二条 天皇ハ陸海軍ノ編制及常備兵額ヲ定ム
第一三条 天皇ハ戦ヲ宣シ和ヲ講シ及諸般ノ条約ヲ締結ス
第一四条@天皇ハ戒厳ヲ宣告ス
                  A戒厳ノ要件及効力ハ法律ヲ以テ之ヲ定ム
第一五条 天皇ハ爵位勲章及其ノ他ノ栄典ヲ授与ス
第一六条 天皇ハ大赦特赦減刑及復権ヲ命ス
策一七条@摂政ヲ置クハ皇室典範ノ定ムル所ニ依ル
                 A摂政ハ天皇ノ名ニ於テ大権ヲ行フ


大日本帝国憲法(意訳)

         第一章 天皇

第1条 大日本帝国(当時の日本の呼び方)は、永久に一つの血筋である天皇家が治めるものである。

第2条 天皇になれるのは、「皇室典範」(当時の天皇家についての法律)に定めてあるとおり、(天皇の)血筋を継いだ男子だけである。

第3条 (神の子孫である)天皇は存在そのものが神聖であり何人も侵してはならない。

第4条 天皇は国を代表し、全ての統治権をもち、この憲法の規定によって国を治める。

第5条 天皇は帝国議会(当時の国会)の協力を得て法律を作る権限をもっている。

第6条 天皇は、国会が定めた法律の内容の善し悪しを決め、その内容を臣民(当時の国民のこと)に伝えたり、実行するよう命令できる。


第7条 天皇は、議会を召集し、開会、閉会、停会、および衆議院の解散を命令できる。

第8条1 天皇は、公共の安全を保ったり、災いを避けるため、緊急に必要な理由によって議会が閉会の場合は、法律に代わる「勅令」を出すことができる。
2 この「勅令」は、次の国会に提出する。もし、議会においてこれを承諾しない場合は、政府はこの「勅令」が無効であることを国民に伝えなければならない。

第9条 天皇は、法を執行するため、または、公共の安全や秩序を保つため、および、臣民の幸福を増進するため、必要な命令を自ら出したり、または政府に出させることができる。ただし、このような命令によって法律を変更することはできない。

第10条 天皇は、政府すべての公務員(文官武官)の俸給を定めたり、任命したり、辞めさせたりすることができる。ただし、この憲法やその他の法律で特別定めたことについてはそれぞれの定めによって行う。

第11条 天皇は、陸軍、海軍の全ての指揮をとる。

第12条 天皇は、陸軍、海軍の仕組みや常備兵(いつでも出兵できる兵)の数を定める。

第13条 天皇は、戦争を始めたり、講和を結んだり、外国との条約を結んだりする。

第14条 1 天皇は、戒厳令(国民の諸活動を停止すること)を宣言することができる。
2 戒厳令の内容や効力については法律で定める。

第15条 天皇は爵位(当時の身分称号)、勲章、その他の栄誉を与えることができる。

第16条 天皇は、罪人を免罪したり、減刑したりすることを命令できる。

第17条1 天皇が自分の代わりに「摂政」を置く時は「皇室典範」の定める所による。
2 「摂政」は天皇の名において天皇の全ての権限を行う。

戻るトップへ