戦陣訓(意訳付)

   序
 夫れ戦陣は、大命に基き、皇軍の神髄を発揮し、攻むれば必ず取り、戦へば必ず勝ち、遍く皇道を宣布し、敵をして仰いで御稜威の尊厳を感銘せしむる処なり。されば戦陣に臨む者は、深く皇国の使命を体し、堅く皇軍の道義を持し、皇国の威徳を四海に宣揚せんことを期せざるべからず。
 惟ふに軍人精神の根本義は、畏くも軍人に賜はりたる勅諭に炳乎として明かなり。而して戦闘並に訓練等に関し準拠すべき要綱は、又典令の綱領に教示せられたり。然るに戦陣の環境たる、兎もすれば眼前の事象に捉はれて大本を逸し、時に其の行動軍人の本分に戻るが如きことなしとせず。深く慎まざるべけんや。乃ち既往の経験に鑑み、常に戦陣に於て勅諭を仰ぎて之が服行の完璧を期せむが為、具体的行動の憑拠を示し、以て皇軍道義の昂掲を図らんとす。
是戦陣訓の本旨とする所なり。
本訓其の一
 第一 皇国
 大日本は皇国なり。万世一系の天皇上に在しまし、肇国の皇謨を紹継して無窮に君臨し給ふ。皇恩万民に遍く、聖徳八紘に光被す。臣民亦忠孝勇武祖孫相承け、皇国の道義を宣揚して天業を翼賛し奉り、君民一体以て克く国運の隆昌を致せり。
 戦陣の将兵、宜しく我が国体の本義を体得し、牢固不抜の信念を堅持し、誓って皇国守護の大任を完遂せんことを期すべし。
 第二 皇軍
 軍は天皇統帥の下、神武の精神を体現し、以て皇国の威徳を顕揚し皇運の扶翼に任ず。
 常に大御心を奉じ、正にして武、武にして仁、克く世界の大和を現ずるもの是神武の精神なり。武は厳なるべし仁は遍きを要す。苟も皇軍に抗する敵あらば、烈々たる武威を振ひ断乎之を撃砕すべし。仮令峻厳の威克く敵を屈服せしむとも、服するは撃たず従ふは慈しむの徳に欠くるあらば、未だ以て全しとは言ひ難し。武は驕らず仁は飾らず、自ら溢るるを以て尊しとなす。皇軍の本領は恩威並び行はれ、遍く御稜威を仰がしむるに在り。
 第三 軍紀
 皇軍軍紀の神髄は、畏くも大元師陛下に対し奉る絶対髄順の崇高なる精神に存す。
 上下斉しく統帥の尊厳なる所以を感銘し、上は大権の承行を謹厳にし、下は謹んで服従の至誠を致すべし。尽忠の赤誠相結び、脈絡一貫、全軍一令の下に寸毫乱るるなきは、是戦勝必須の要件にして、又実に治安確保の要道たり。特に戦陣は、服従の精神実践の極致を発揮すべき処とす。死生困苦の間に処し、命令一下欣然として死地に投じ、黙々として献身服行の実を挙ぐるもの、実に我が軍人精神の精華なり。
 第四 団結
 軍は、畏くも大元師陛下を頭首と仰ぎ奉る。渥き聖慮を体し、忠誠の至情に和し、挙軍一心一体の実を致さざるべからず。
 軍隊は統率の本義に則り、隊長を核心とし、掌固にして而も和気藹々たる団結を固成すべし。上下各々其の分を厳守し、常に隊長の意図に従ひ、誠心を他の腹中に置き、生死利害を超越して、全体の為己を没するの覚悟なかるべからず。
 第五 協同
 諸兵心を一にし、己の任務に邁進すると共に、全軍戦捷の為欣然として没我協力の精神を発揮すべし。
 各隊は互に其の任務を重んじ、名誉を尊び、相信じ相援け、自ら進んで苦難に就き、戮力協心相携へて目的達成の為力闘せざるべからず。
 第六 攻撃精神
 凡そ戦闘は勇猛、常に果敢精神を以て一貫すべし。
 攻撃に方りては果断積極機先を制し、剛毅不屈、敵を粉砕せずんば已まざるべし。防禦又克く攻勢の鋭気を包蔵し、必ず主動の地位を確保せよ。陣地は死すとも敵に委すること勿れ。追撃は断乎として飽く迄も徹底的なるべし。
 勇往邁進百事懼れず、沈着大胆難局に処し、堅忍不抜困苦に克ち、有ゆる障碍を突破して一意勝利の獲得に邁進すべし。
 第七 必勝の信念
 信は力なり。自ら信じ毅然として戦ふ者常に克く勝者たり。必勝の信念は千磨必死の訓練に生ず。須く寸暇を惜しみ肝胆を砕き、必ず敵に勝つの実力を涵養すべし。
 勝敗は皇国の隆替に関す。光輝ある軍の歴史に鑑み、百戦百勝の伝統に対する己の責務を銘肝し、勝たずば断じて已むべからず。
 本訓其の二
 第一 敬神
 神霊上に在りて照覧し給ふ
心を正し身を修め篤く敢神の誠を捧げ、常に忠孝を心に念じ、仰いで神明の加護に恥ぢさるべし。
 第二 孝道
 忠孝一本は我が国道義の精彩にして、忠誠の士は又必ず純情の孝子なり。
 戦陣深く父母の志を体し、克く尽忠の大義に徹し、以て祖先の遺風を顕彰せんことを期すべし。
 第三 敬礼挙措
 敬礼は至純なる服従心の発露にして、又上下一致の表現なり。戦陣の間特に厳正なる敬礼を行はざるべからず。
 礼節の精神内に充溢し、挙措謹厳にして端正なるは強き武人たるの証左なり。
 第四 戦友道
 戦友の道義は、大義の下死生相結び、互に信頼の至情を致し、常に切磋琢磨し、緩急相救ひ、非違相戒めて、倶に軍人の本分を完うするに在り。
 第五 率先躬行
 幹部は熱誠以て百行の範たるべし。上正しからざれば下必ず乱る。
 戦陣は実行を尚ぶ。躬を以て衆に先んじ毅然として行ふべし。
 第六 責任 
任務は神聖なり。責任は極めて重し。一業一務忽せにせず、心魂を傾注して一切の手段を早くし、之が達成に遺憾なきを期すべし。
 第七 死生観
 死生を貫くものは崇高なる献身奉公の精神なり。
 生死を超越し一意任務の完遂に邁進すべし。身心一切の力を尽くし、従容として悠久の大義に生くることを悦びとすべし。
 第八 名を惜しむ
 恥を知るもの強し。常に郷党家門の面目を思ひ、愈々奮励して其の期待に答ふべし。
 生きて虜囚の辱を受けず、死して罪禍の汚名を残すこと勿れ。
 第九 質実剛健
 質実以て陣中の起居を律し、剛健なる士風を作興し、旺盛なる志気を振起すべし。
 陣中の生活は簡素ならざるべからず。不自由は常なるを思ひ、毎事節約に努むべし。奢侈は勇猛の精神を蝕むものなり。
 第十 清廉潔白
 清廉潔白は、武人気節の由って立つ所なり。己に克つこと能はずして物欲に捉はるる者、争でか皇国に身命を捧ぐるを得ん。
 身を持するに冷厳なれ。事に処するに公正なれ。行ひて俯仰天地に愧ぢさるべし。
本訓其の三
 第一 戦陣の戒
一 一瞬の油断、不測の大事を生ず。常に備へ厳に警めざるべからず。
 敵及住民を軽侮するを止めよ。小成に安んじて労を厭ふこと勿れ。不注意も亦災禍の因と知るべし。
二 軍機を守るに細心なれ。謀者は常に身辺に在り。
三 哨務は重大なり。一軍の安危を担ひ、一隊の軍紀を代表す。宜しく身を以て其の重きに任じ、厳粛に之を服行すべし。
 哨兵の身分は又深く之を尊重せざるべからず。
四 思想戦は、現代戦の重要なる一面なり。皇国に対する不動の信念を以て、敵の宣伝欺瞞を破摧するのみならず、進んで皇道の宣布に勉むべし。
五 流言蜚語は信念の弱きに生ず。惑ふこと勿れ、動ずること勿れ。皇軍の実力を確信し、篤く上官を信頼すべし。
六 敵産、敵資の保護に留意するを要す。徴発、押収、物資の燼滅等は総て規定に従ひ、必ず指揮官の命に依るべし。
七 皇軍の本義に鑑み、仁恕の心能く無事の住民を愛護すべし。
八 戦陣苟も酒色に心奪はれ、又は欲情に駆られて本心を失ひ、皇軍の威信を損じ、奉公の身を過るが如きことあるべからず。深く戒慎し、断じて武人の清節を汚さざらんことを期すべし。
九 怒を抑へ不満を制すべし。「怒は敵と思へ」と古人も教へたり。一瞬の激情悔を後日に残すこと多し。
 軍法の峻厳なるは時に軍人の栄誉を保持し、皇軍の威信を完うせんが為なり。常に出征当時の決意と感激とを想起し、遥かに思を父母妻子の真情に馳せ、仮初にも身を罪科に曝すこと勿れ。
 第二 戦陣の嗜
一 尚武の伝統に培ひ、武徳の涵養、技能の練磨に勉むべし。
「毎時退屈する勿れ」とは古き武将の言葉にも見えたり。
二 後顧の憂を絶ちて只管奉公の道に励み、常に身辺を整へて死後を清くするの嗜を肝要とす。
 屍を戦野に曝すは固より軍人の覚悟なり。縦ひ遺骨の遅らざることあるも、敢て意とせぎる様予て家人に含め置くべし。
三 戦陣病魔に倒るるは遺憾の極なり。時に衛生を重んじ、己の不節制に因り奉公に支障を来すが如きことあるべからず。
四 刀を魂とし馬を宝と為せる古武士の嗜を心とし、戦陣の間常に兵器資材を尊重し馬匹を愛護せよ。
五 陣中の徳義は戦力の因なり。常に他隊の便益を思ひ、宿舎、物資の独占の如きは慎むべし。「立つ鳥跡を濁さず」と言へり。雄々しく床しき皇軍の名を、異郷辺土にも永く伝へられたきものなり。
六 総じて武勲を誇らず、功を人に譲るは武人の高風とする所なり。
 他の栄達を嫉まず己の認められざるを恨まず、省みて我が誠の足らざるを思ふべし。
七 諸事正直を旨とし、誇張虚言を恥とせよ。
八 常に大国民たるの襟度を持し、正を践み義を貫きて皇国の威風を世界に宣揚すべし。国際の儀礼亦軽んずべからず。
九 万死に一生を得て帰還の大命に浴することあらば、具に思を護国の英霊に致し、言行を悼みて国民の範となり、愈々奉公の覚悟を固くすべし。
  結
 以上述ぶる所は、悉く勅諭に発し、又之に帰するものなり。されば之を戦陣道義の実践に資し、以て聖諭服行の完璧を期せざるべからず。戦陣の将兵、須く此の趣旨を体し、愈々奉公の至誠を擢んで、克く軍人の本分を完うして、皇恩の渥きに答え奉れべし。
                                   (陸軍省 昭和16年1月8日)


(意訳)
     序

 戦場は、天皇の命令に基づいて、天皇の軍隊の神髄を発揮し、攻めれば必ず取り、戦えば必ず勝ち、戦い取った所には天皇の政治を広め、敵にも天皇の威光に感銘を与えさせるものである。
 
   そのために戦場に臨む者は、深く天皇国家の使命を体全体で受け止め、天皇の軍隊の道義を強く持ち、天皇国家の威厳を周りの国々に拡大することを心がけるべきである。

 思うに、軍人の精神の根本は、天皇が発した「軍人勅諭」に明らかにされている。また、戦闘や訓練など守るべきことは、法令や命令に示されている。ところが一方、実際の戦場においては、ともすれば目前の現象にとらわれて大切なことを見逃し、時には軍人らしからぬ行動をとることもないとは言えない。このようなことは深く慎むべきことである。

 この「戦陣訓」は、これまでの経験を参考にし、常に戦場おいては「軍人勅諭」を仰ぎ、それに従い行動することを心がけるために、具体的行動のよりどころを示し、それによって天皇の軍隊の道義を高めることを目的としている。

  本訓その一

 第一 天皇国家

 わが国は天皇国家である。国を始めた時から永久に一つの血筋を引いた天皇家が国家を治めてきた。天皇家の恩は万民に広く行き渡り、世界の隅々までその威光で覆っている。また、臣民(国民のことで天皇の家来という意味)は、天皇家に忠孝を尽くし、先祖から子孫まで天皇国家の道義をあまねく広め、天皇の政治を助け、すなわち天皇と臣民が一体となって、わが国の繁栄をもたらしてきた。

 戦場の将兵は、天皇国家の大本(おおもと)を体得し、すこしも揺るぎない信念をもって、天皇国家を守るという大任をやり遂げることを心がけるべきである。

 第二 天皇の軍隊

 軍隊は天皇が統帥する下、気高い武勇の精神を現して、天皇国家の徳を高め、天皇家の幸運を助けるために働くもののである。

 常に天皇の心を奉って、正直で逞しく、逞しくて優しく、よく世界の平和を現すものがすなわち「神武(じんぶ)の精神」である。「武」は厳しくなくてはならない。「仁」はすべてにゆきわたらなければならない。とはいえ、天皇の軍隊に対抗する敵があったならば、烈しく勇ましく奮い立って断固敵を撃破すべきである。かりに、厳しく敵を屈伏させたとしても、服従する者に慈悲の心を忘れたならば、まだ完全とは言えない。「武」は例え強かろうと奢らない。また「仁」を行ったからといって飾らない。あふれるように自然にできてはじめて尊いということができる。天皇の軍隊の本領は、恩恵と威光を同時に行うことであり、広く世界の人々に天皇の権威を仰がせることである。

 第三 軍紀(軍隊の風紀と規律)

 天皇の軍隊の風紀と規律の神髄は、天皇に対して絶対服従であることを崇高な精神とする。

 上の者も下の者も天皇の統率が尊厳であることに感銘し、上のものはその責任を全うするために、下の者は心からの服従の誠を捧げるべきである。天皇に対する忠義で互いが結び合い、血流のようにつながり、全軍が一つの命令で寸分の乱れもないのが、戦いに勝つ必須条件であり、また、これが天皇国家治安確保の方途である。

 特に、戦場は、極限まで服従の精神を発揮するところである。死ぬか生きるかの戦場において、命令一つで、きっぱりと身を犠牲にし、黙々と献身的に服従し行動することが、天皇の軍隊の軍人精神の最も重要なところである。

 第四 団結

 軍隊は、天皇を頭首と仰ぎ奉る。天皇の意思を一身に受け、忠誠の思いに心を燃やし、全軍が身も心も一つになっていかなければならない。

 軍隊は、統率が基本であるから、隊長を中心に固く結びつき、しかも和気あいあいとした団結をつくるべきである。上の者も下の者もそれぞれ自分の立場を守り、常に隊長の意思に従い、生死や利害関係を乗り越えて、全体のために自分を捨てる覚悟をもつべきである。

 第五 協同

 全ての兵が心を一つにし、自分の任務に一生懸命になるとともに、戦いに勝つためには、喜んで自分を犠牲にし協力の精神を発揮すべきである。

 各部隊は、互いにその任務を重く見て、名誉を尊び、互いに信じ合い、助け合い、自ら進んで困難な任務に向かって、目的達成のため力を出して戦うべきである。

 第六 攻撃精神

 戦闘というもののは本来、勇猛果敢の精神で押し通すべきである。

 攻撃にあたっては、積極果敢に堂々と敵を打ち負かさなければ終わらないという決断が必要である。防御にあたっては、攻勢の鋭気を持ちつつ、常に主導権を握る戦いが必要である。敵に戦場を無条件に明け渡すことは決してするな。

 勇敢に進めば恐れもなく、大胆に進めば難局にも対処でき、堅い信念で困難に打ち勝って、あらゆる障害を突破して勝利のために進むべきである。

 第七 必勝の信念

 信じることは力となる。自らを信じ毅然と戦う者は、常に勝者となる。必勝の信念は、常に訓練の中から生まれる。時間を惜しんで、心の底から必ず敵に勝つのだという実力を養っておくべきである。

 戦いの勝敗は天皇国家の盛衰に関わる。光り輝く軍隊の歴史に照らしてみても、百戦百勝の伝統に対して自らの責務を肝に命じて、断じて勝たなければならない。

 本訓 その二

 第一 敬神

 天皇家の祖先の神々は、天上にあって我々を守っている。
 心身を鍛練し、厚く神への敬いを持ち、常に忠孝を心に念じて、神の加護に恥じないようにしなければならない。

 第二 孝道

 天皇に忠義、親に孝行の「忠義」の精神は我が国が優れていることを現しているもので、忠誠を尽くす者は、必ず孝行者である。戦場では深く父母の志を体全体に受け止め、忠義を尽くし、もって先祖代々の優れた風習に応えなければならない。

 第三 敬礼挙措

 敬礼は、この上ない純粋な服従の気持ちを現しているのであり、また、上の者や下の者にとっても一致した表現である。戦場においては、特に厳格で公正な敬礼を行わなければならない。

 礼節の精神を心の内に満たし、動作がきびきびしていることは強い武人であることの証しである。

 第四 戦友道

 戦友のあるべき姿は、天皇の志の下で、生と死で結び合い、互いに信頼の真心を持ち、常に磨き合い、助け合い、戒め合って、ともに軍人の本分を全うすることである。

 第五 率先躬行

 部隊の幹部は熱意をもってすべての模範になるべきである。上の者が正しくなければ下の者は必ず乱れる。戦場では実行を尊ぶ。我が身をもって臣下より先んじて毅然と行わなければならない。

 第六 責任

 (天皇の軍隊の)任務は神聖である。責任はきわめて重い。一つ一つを簡単に考えず、心魂を傾けて一切の手段を迅速にし、目標達成に失敗がないように心がけなければならない。

     第七 死生観

     生と死を貫くものは、天皇に対する崇高な献身的な奉公の精神である。
生と死を乗り越えて一つの任務を遂行することに全精神を使わなければならない。心身すべての力を発揮し、おおらかに天皇の意思に従って生きることを悦びとしなければならない。

第八 名を惜しむ

 恥を知るものは強い者である。常に郷土・一族の面目を考え、一層努力してその期待に応えるべきである。

 生きて捕虜の辱めを受けないこと、また、死んでも罪や災いを残さないこと。

 第九 質実剛健

 質素さをもって戦場の生活を送り、逞しさをもって旺盛な士気を奮い起こさなければならない。また、戦場の生活は簡素でなければならない。不自由が普通だと思い、節約に努めるべきである。贅沢は猛々しい精神を駄目にするものである。

 第十 清廉潔白

 心が清らかで無欲なことは軍人の気性の根本である。己に勝つことができず、物欲にとらわれる者が、どうして天皇国家のために身命を捧げることができようか。

 生きていくことに厳しくなければならない。物事に対処するには公正でなければならない。行動は天地に誓って恥じることがないようにしなければならない。

 本訓 その三

 第一 先陣の戒

一、一瞬の油断が予想もしない大事を生む。常に備えを厳に警戒すべきである。敵や住民を軽くみて侮ることを止めよ。小さな成功に安心して、苦労を嫌がることがないようにせよ。不注意もまた、災いのもとになることを知らなければならない。

二、軍隊の秘密を守ることには細心の注意をせよ。スパイは常に身近にいる。

三、見張りの役目は重大である。それは、一つの軍隊の安否を決定したり、一つの部隊の風紀や規律を代表するようなものである。したがって、身をもってその重さに耐え、厳粛にその任務を行うべきである。

 見張り兵の身分は深く尊重されるべきである。

四、思想戦は、現代戦の重要な一面である。天皇国家に対するゆるぎない信念をもって、敵の宣伝やデマをを打ち破るだけでなく、逆に天皇国家の宣伝にも努めるべきである。

五、噂やデマは、信念の弱い者に生まれる。迷ったり悩んだりするな。天皇の軍隊の実力を確信し、上官を厚く信頼すべきである。

六、敵側の財産や物資の保護には留意する必要がある。徴発や押収、物資の消滅等はすべて規定に従い、必ず指揮官の命令によらなければならない。

七、天皇の軍隊の本義に照らして、(敵側の)事なき住民に対しては思いやりの心で守ってやるべきである。

八、戦場において、いやしくも、酒や女に心を奪われ、欲情に駆られて本心を失って、天皇の軍隊の威信を損ねたり、天皇への奉公の身にとって、あってはならないことをしてはならない。常に深く戒め慎み、決して軍人の節操を汚さないように心がけるべきである。

九、怒りや不満を押さえることである。「怒りは敵と思え」の諺もある。一瞬の怒りが後々まで悔いを残すことが多い。

 軍法のきまりが厳しいのは、軍人の栄誉を保ち、天皇の軍隊の威信を完全なものするためである。常に出征当初の決意と感激を思い出し、故郷にいる父母妻子の気持ちに触れ、仮初めにも罪を侵すことがあってはならない。

 第二 戦場の嗜(たしなみ)

一、武事や軍事の伝統から、軍人精神を養ったり、技術を磨くことに努めるべきである。
「いつも退屈することなかれ」と、昔の武将の言葉もある。

二、後々の心配事を断ち切り、ただ天皇への奉公の道のみに励み、常に身の回りを整理して、死後を清くすることも大切である。

 もともと、死体を戦場にさらすのは軍人の覚悟である。したがって、遺骨が故郷に帰らない場合もあるから、それは気にすることではないということを、前もって、家の人に理解させておくべきである。

三、戦場において、病気で倒れるのは、極めて遺憾なことである。常に衛生には気をつけ、己の不節制によって天皇への奉公に支障がないようにしなければならない。

四、刀を魂と思い、馬を宝とした古武士の考えを心とし、戦場においては常に兵器や資材を尊重し馬を愛護しなければならない。

五、戦場における道徳は、戦力のもとになる。常に他の部隊の利益も考え、宿舎や物資を独占するようなことは慎むべきである。「立つ鳥跡を濁さず」という諺もある。勇ましくゆかゆかしい天皇の軍隊の名前を異郷の地や辺境の地においても永く伝えられるようにしたいものである。

六、すべて、手柄を自慢せず、成功を他人に譲るのが軍人の誉れである。他の人の出世や成功をねたまず、自分が認められないことを恨まないで、反省して自分の足りないことを考えるべきである。

七、いろいろなことに対しては正直を第一とし、大げさに言ったり、嘘を言ったりすることは恥じだと思え。

八、常に大日本帝国の心の広さを持って、正義を行い、義理を貫いて天皇国家の威厳を世界に示すべきである。
 国際上の礼儀も軽く考えるべきではない。

九、「万死に一生」を得て、故国に帰れることができたら、共に国を護るために戦って死んでいった者に思いを巡らし、言葉遣いや行動に気をつけて、国民の模範となり、ますます天皇への奉公の覚悟を強くもつべきである。

 結

 以上、述べたことは、結局「軍人勅諭」から発し、そして、「軍人勅諭」に帰ることである。したがって、この「戦陣訓」を戦場での道徳の実践の参考にし、「軍人勅諭」の実践が完璧になることをめざすべきである。戦場の将兵すべてが、この趣旨を体全体で受けとめ、ますます天皇への奉公の気持ちを高め、軍人の本分を完璧にして、天皇の恩に対して応えられるようにすべきである。

      (陸軍省 昭和16年1月8日)

戻るトップへ