徴兵適齢臨時特例(昭和18年勅令第939号)

兵役法第二十四条ノ二ノ規定ニ依リ当分ノ内同法第二十三条第一項及第二十四条ニ規定スル年齢十九年ニ変更ス
  附 則
1 本令ハ公布ノ日ヨリ之ヲ施行ス但シ朝鮮民事令中戸籍ニ関スル規定ノ適用ヲ受クル者ニ対シテハ別ニ定ムル期日ヨリ之ヲ適用ス
2 昭和十八年十二月一日ヨリ昭和十九年十一月三十日迄ノ間ニ於テ年齢二十年ト為ル者ニ付テハ本令ヲ適用セズ


[口語訳]

徴兵適齢臨時特例(昭和18年勅令第939号)

兵役法第二十四条の二の規定によって当分の間同法第二十三条第一項および第二十四条に規定する年齢は十九年に変更する。

付則
1 本令は公布の日より施行する。ただし、朝鮮民事令戸籍に関する規定の適用を受けている者に対しては別に定める期日より適用する。
2 昭和十八年十二月一日より昭和十九年十一月三十日までの間に年齢が二十年となる者については本令を適用しない。

※公布日-昭和18年12月24日
戻るトップへ